こんなに便利な使い方があったの!?エクセルをもっと知ろう

  • 2016年10月23日
  • admin

ワークシートを活用しよう

一つの案件について、複数の項目のシートを作りたい時、エクセルは使い勝手が良いですよね。他のソフトの場合には、どうしても一項目で一ファイルになるので、ファイルの数が多くなってしまいます。案件をまとめてメール添付して送る場合にも、煩雑になりがちです。その点、エクセルの場合には、ワークシートが複数作れるので、一つの案件について項目別のシートを複数組み込んだファイル一つで済みます。経理諸表であれば、戻入金・組み戻し金などの項目ごとにシートを作り、一ファイルとして保存しておけます。ワークシート活用の代表的な例といえるでしょう。

セルの中身がはっきりと表示されるのが便利です

エクセル表のひとつひとつのセルには多くの情報が盛り込めますが、表ではセルの中身が隠れて見えないこともあります。ところが画面の上方には、セルの内容すべてが表示されるので、いろいろな場合にとても便利なのです。例えば、ワードパッドなどに記された情報を、エクセル表の中に入れ込んでいく時などには、コピー箇所のミスなどが起こりやすいのですが、セルの内容を一目で確認できる機能があることで間違いも起こりにくくなります。

検索機能を利用しよう

検索機能を使うと、加筆したい部分や削除したい箇所を即座に見つけ出すことができて、さまざまな作業効率がかなりアップします。エクセル表の中身がかなりの分量である場合、例えば名簿などで1万人を超える人の情報を管理するケースなどでは特に威力を発揮します。名簿といっても、必ずしもあいうえお順とは限りません。都道府県別に並んでいるケースもあるので、そういうケースでは、検索機能を使うと直ちにその文字が含まれている箇所に画面が移るので便利です。

MOS講座は、独学では不安な方やスクールでしっかり勉強したい方の為の試験対策講座です。本試験会場と同じ場所で実施されている会場もあります。

Comments are closed.