就職・転職の武器になる!簿記資格の取り方

  • 2016年10月23日
  • admin

どの簿記資格にするか決めよう

就職や転職のときに「資格」欄に何もないのは寂しいものです。かと言って役に立たない資格をとっても意味がありませんよね。そんなときにオススメなのが簿記の資格です。会社の経理の仕事だけでなく、営業や販売などさまざまな分野で仕事するのにも会計の知識は役に立ちます。さて、一口に簿記の資格と言っても、実はいろいろな種類がありますので、どの資格にするか決めるのが最初のステップです。一番ポピュラーなのは、全国の商工会議所や学校などで学生や社会人が受ける簿記の検定試験です。検定試験は4級から1級までに分かれており、初めて学ぶ人は4級から受験するのがいいでしょう。

勉強する準備をしよう

簿記の勉強に絶対に欠かせないものがあります。それは電卓です。高価なものでなくてもよいので、簿記用に1台きちんとした電卓を購入するとよいでしょう。スマホの電卓アプリで十分という人もいますが、実際の試験ではスマホは使用できません。また、試験では問題を解くスピードがとても重要なので、早打ち対応電卓とスマホとでは入力スピードに圧倒的な差が出ます。安いものだと3000円前後から、立派な電卓が買えますので勉強する前に購入しておくといいですね。

試験に申し込みをしてみよう

資格をとるには、検定試験に見事合格する必要があります。検定試験は年に2回、春と秋に実施されます。ところが、せっかく勉強してきたのに受験の申し込みを忘れてしまって、気付いたときには既に締め切られていたというケースも多いんです。次の試験は半年も先。せっかく勉強した仕訳も忘れてしまいますよね。検定試験への申込みは、試験日の3ヶ月ほど前から受け付けているので、忘れないうちに早めに申し込みしておきましょう。

簿記の講座の利点として、自宅学習よりも重点的に要点が理解できることや、試験対策へのモチベーションが高まること等があります。

Comments are closed.