火災保険の契約書を交わすときに少なくとも確認しておきたいこと

  • 2016年10月23日
  • admin

戸建て住宅における火災保険の加入は大切です

戸建住宅を買い入れるときはそのプロセスで火災保険加入を求められます。火災保険は長期での契約書を交わすことが不能になったためこれまでようにたとえば35年契約は実行できなくなりました。その影響で、初期に対する費用としては安く済みますが、そうは言っても10万円を超えるぐらいの支払になります。火災保険の加入そのものは任意といった扱いになっています。従って、強制して入ることはありませんが、万が一に備えて加わる方が非常に多いです。

家財保険は入っておいた方が良いかの判断について

火災保険の契約を締結する際にセールスレディより伝えられて気付くことの一例に家財保険があげられます。家財保険は、仮に火事、あるいは浸水などでTVもしくは衣装ケース、或いは食器棚が使い物にならなくなるというようなケースに保険が認定されるというものになります。家財保険に加わるか否かが悩みどころですが、保険の料金が増加しますし、高品質の家財がないと敢えて入ることは必要ないと考えられます。高級タンスなどがあれば入りましょう。

水災に関しての捉え方

火災保険は水災保険が組み合わせて付属しています。水災は水害に影響を受ける被害ということを意味します。川の決壊が影響を及ぼして水浸しが避けられない住宅もよく見られます。水災の保険に契約しておけば必要な状況になるときには万全ですと勧められます。水災保険に契約すれば言うまでもなく支払額は上昇します。仮に、水害とは繋がりを持たない高台において家屋を所有しているならば無理やりに水災に加わることは必要ないと考えられます。それとは反対にハザードマップを眺めたときに自宅が水害の危険性がありそうなら入っておくべきと考えられます。

火災保険は賃貸マンションに住む際に、契約が必須のことが多いのですが、携行品の損失が補償されるなど補償内容は多岐にわたります。

Comments are closed.